img

不動産購入を考えてみてはどうでしょうか

不動産購入を考えてみてはどうでしょうか。長年長引いている経済の低迷で、本業からの給与がいつ無くなるかも分からないし、当然ボーナスが増えるなど中々期待できないですね。定年後の年金もあてにならない社会背景に突入していることからも、不動産投資でセーフティネットにするのはいかがでしょう。投資をした資産からは定期的にキャッシュ・フローが生じますし、いざとなれば売却することが可能です。お金の面でゆとりを確保するため不動産投資について早期の検討をおすすめします。ここ数年で、不動産投資で海外の物件も投資対象とする人が少なくありません。海外物件のメリットとして、国内の不動産投資でも共通している税金を減らす効果や、円高のタイミングで海外不動産を取得しておき、何年後かに円安になった時の為替差益などが考えられます。

img最近は、急成長中の新興国で海外不動産を取得しておき、いずれ不動産が上昇するのを計算に入れている人も多くいるようです。どんなケースであれ、国内の投資とはビジネス取引や法令が随分異なるため、専門家に尋ねて現地調査を怠らず、海外物件の投資をしましょう。不動産投資で土地を購入する際に最も肝心な箇所は何を差し置いても、所在地でしょう。土地はビルなどの建物とは違うので、時間の経過によって価格が減少することはありませんし、リフォームの煩わしさもありませんね。従って、立地によってその価値が決まってしまうといえます。立地さえ良好であれば、建物を建て替えても立地の良さに対するニーズは継続可能です。しかも資産として見ると流動性があるため、借り主が出てこないという気掛かりも少ないですね。

このような場合、投資の利回りを高く維持し続ける事が比較的容易になります。不動産投資を検討するなら、競売物件も選択肢の一つとして投資物件を買ってみてはいかがでしょう。

競売物件とは、債務不履行が主な原因で、いわゆる“差し押さえ”となった物件を指し、司法によって競売、わかりやすく言うと、オークションが開催されるのです。競売物件の魅力は何を差し置いてもその額が割安という所でしょう。一方、込み入った事情がある場合、物件の所有者のが不在なことが多かったり、物件からの立退きに時間がかかるといったケースもあるようです。売主がどんな人なのか重点的に調べて購入に踏み切りましょう。

更新履歴

2013.10.06
»サイトをアップしました。
2013.10.25
»ページを追加しました。